僕の別居から離婚への‥心境をそして今生きる希望を探して。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 富裕層のカネと知恵 】

国税当局の監視強化、後を絶たない投資詐欺、海外移住の失敗、日本の
お金持ちに相次いで災難が降りかかっている。そんな苦境にありながらも、
知恵を絞り、自らのカネを巧みに増やしている人たちがいる。
知られざる富裕層の資産防衛術と処世訓をお伝えしよう。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 橋・ダム・高速道路…が危ない 朽ち始めたインフラ 】

超高齢化社会に突入した日本。老いの道を進んでいるのは人間だけではない。
高度経済成長期に大量に整備された道路や橋、ダムといった社会インフラも
老朽化しつつある。朽ち始めた各種のインフラがもたらす弊害の実態と、
迫りくる更新期になすべきことを追究した。



●詳しい最新号情報はこちらでご覧下さい!












スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

【2012/10/12 22:57】 | 週刊ダイヤモンド
トラックバック(0) |
特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【知らないではすまされない 「会社の数字に」に強くなる! 】

今や英語やITスキルと並んでビジネスマンにとって必須の企業財務の知識。
「取引先の経営状態を知りたい」「自分の会社を強くしたい」
「海外企業の実情を調べたい」……。決算書を使う理由は人それぞれだが、
「会社の数字」に強くなれば、仕事の質が上がるのは確実だ。
日頃のビジネスに活用できる実践ノウハウを集めた。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 米国凶作で穀物史上最高値 “食料危機”の真贋 】

“食料危機”の真贋米国の干ばつに端を発する穀物価格の高騰は、
“食料危機”に対する人々の不安をかき立てた。世界で食料が不足し、
輸入が途絶すれば、日本はたちまち危機に陥る。「食料安全保障」へ
の関心も高まった。危機は本当に来るのか。日本が取るべき方策は何か。
相場動向、需給構造、農業政策の各面から検証する。



●詳しい最新号情報はこちらでご覧下さい!













FC2blog テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

【2012/10/06 20:42】 | 週刊ダイヤモンド
トラックバック(0) |
特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 日本を呑み込む Appleアップルの正体 】

今年9月、iPhone5の発表を機に、アップルの時価総額は6579億ドル
に達し、「史上最も価値の高い会社」となった。その規格外の強さは、
まさに常識はずれの経営スタイルにある。アップルのビジネスに巻き
込まれた企業・産業は例外なく、その激しさに翻弄される。
決して甘くはないアップルの内側に迫る。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 欧州債務危機との付き合い方 】
Too little,too late 努力が少な過ぎるし 対応が遅過ぎる

なぜ危機が長引いているのか──。
欧州の債務危機を根本から解決するには政治的な合意形成が難しく、
Too little, too late(努力が少な過ぎるし対応が遅過ぎる)
な状況に陥りやすい。今後繰り出される対応策が対症療法か本物か、
冷静に見極めていく必要がある。




●詳しい最新号情報はこちらでご覧下さい!













FC2blog テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

【2012/09/29 19:27】 | 週刊ダイヤモンド
トラックバック(0) |
緊┃急┃特┃集┃
━┛━┛━┛━┛
【 日中関係 緊迫! 国交正常化40年目の試練 】

国交正常化40年目の試練日中関係が緊迫している。
日本の尖閣国有化に反発した中国では、各地で大規模な反日デモが行われ、
ネット上では、対日経済制裁すべきとの過激な主張も目立つ。
国交正常化40周年の節目を迎えた両国は、再び正常な関係を取り戻せるのか。


特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 教育力、就職力、学生獲得力 大学全比較 】

18歳人口がピークを迎え、入学定員が入学希望者を上回る「全入時代」
に突入した大学。選ばなければ誰でも入れる状況ゆえに、高等教育の場
としての大学の質やあり方が大きく変わりつつある。だが、その実態は
偏差値だけではうかがい知れない。
そこで、三つの基軸を通し、大学の真の実力を明らかにしていく。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 視界不良の企業再生 かすむ銀行と国の支援 】

日本のモノづくりを牽引してきた大手企業が相次ぎ、業績悪化で窮地に
立たされている。再生に向けて連携すべき銀行とのパイプは細く、国による
公的支援には政治リスクやモラルハザードがつきまとう。
企業の立て直しを主導する存在が見えないまま、ジャパンブランドの落日が
急速に進み始めた。



●詳しい最新号情報はこちらでご覧下さい!













FC2blog テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

【2012/09/22 23:26】 | 週刊ダイヤモンド
トラックバック(0) |
特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 カメラ劇変! 】

カメラの語源は「暗い部屋」だといわれている。
これまで日本のカメラ産業は、まさしく暗い部屋のように、外部からはうかが
い知れないアナログ分野での技術を積み重ねてきた。それが防御壁となり、
新規参入を許さなかった。
ところが、デジタル時代になると家電メーカーが攻め入り、アップルやサムス
ン電子のスマートフォンも揺さぶりをかける。半導体、家電業界が惨敗する中
、デジタル分野では、カメラが日本のモノづくりの最後の砦だ。10年に1度の
新製品ラッシュの年に起こる大攻防戦を追った。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【「6人の識者が厳選」 秋の夜長に読む 経済学学び直しブックガイド 】

マクロ経済学:吉川 洋、財政学:土居丈朗、行動経済学:眞壁昭夫、
ゲーム理論:坂井豊貴、税制改革(消費税):森信茂樹、社会保障:鈴木亘

これからは日が暮れるのが早くなり、暑さも和らぐ。
そんな秋の夜長は読書にぴったりの季節だ。円高、迫る消費税率引き上げ、
消えない社会保障への不安など日本経済には課題が山積している。
そんな現状を読みとくために、6人の識者にそれぞれの経済学の専門分野で
学び直しに適した書籍を推薦してもらった。


●詳しい最新号情報はこちらでご覧下さい!













FC2blog テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

【2012/09/14 23:11】 | 週刊ダイヤモンド
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。