僕の別居から離婚への‥心境をそして今生きる希望を探して。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 「話し方」入門 口べたは武器に変わる! 】

人前で話そうとするとうまく言葉が出てこない。初対面の人との会話が
スムーズにいかない──。「自分は口べた」と感じているビジネスマンは
多い。だが、思いわずらう必要はない。口べたはむしろ武器に変わる。
相手の心をつかみ、本当に伝えたいことが伝わるコミュニケーションの
神髄をお届けしよう。

特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 大攻勢を仕掛ける大阪維新の会 「橋本政治」の本質 】

大阪維新の会が開講した維新政治塾に全国から2000人もの受講者が殺到した。
決定できる民主主義を掲げ、新たな統治機構の構築に疾走する橋下徹代表
への期待感の表れといえる。維新旋風に戦々恐々なのが、既成政党だ。
大阪の形を変えるために生まれた大阪維新の会が、国政にも足をかけるのか。
今、日本で最も勢いのある政治家、橋下徹代表の全貌にせまる。


●詳しい最新号情報はこちらでご覧下さい!












スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

【2012/03/31 02:17】 | 週刊ダイヤモンド
トラックバック(0) |
ザコブラさん、非公開ありがとうございます。

ザコブラさん、娘さんの気持ちに貴方が背を向けてどうするんですか!

必ず後悔します!

僕もそうでした!

そして、未だに娘の言葉が頭から離れない・・・。

娘が必至に・・・次の次の日が休みだからと僕にあまえてきたとき・・僕は仕事があるからダメ・・
実際は、仕事じゃなくて、元嫁や義親の顔色をうかがってしまった。

後悔している・・・まだ離婚届けがでていないときだった。

離婚の現実を甘く見すぎていた!

離婚後も普通に娘に会えると思っていた。

僕自身の娘に対する誠意が少なかったのだと思う。

僕は娘が大好きです!

ザコブラさん、貴方も同じだと思います。

娘さんに誠意です。

嫁や義親への体裁より、子供に対して、貴方の気持ちをちゃんと伝えて下さい!

僕は、はっきりと、あの時の言葉、状況が思い出せるぐらい後悔しています。

僕と同じアヤマチだけはしないでほしい!

離婚後、初めて娘に会えた日のことを下記にアップしています。

今も、この日のブログをみると涙がでてきます。


去年の今日(記憶より記録)娘の気持ち





Free Style市場TRY


僕のブログを応援してくれてる皆様へ

離婚後の子供への心の影響が少なくなるよう。離婚が減るように・・・。

離婚後の心境を広めるためにもクリックをお願いします。
 


 


My Yahoo!に追加




FC2blog テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2012/03/28 20:11】 | 子供心
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
【拡散希望】民法改正に関する重要通達(厚生労働省・文部科学省

文部科学省及び厚生労働省からの重要な通達(下記)を見つけましたので、お知らせします。

下記1については、この度4月から施行される民法の一部改正(離婚後の親子の面会交流規定の明文化を含む)の教育現場における周知を図るものです。その中で、別添「法令のあらまし」一の1には「離婚後の子の監護に関する事項の定め方等」が示されており、父母の離婚に際し、親子の面会交流に関する取り決めを子どもの最善の利益の観点から行なうべきことが書かれています。

 子どもとの交流について学校に配慮を求める際など、この通達は有効かもしれません。

続く下記2については、この度の民法の一部改正により、児童相談所長および施設長等は、たとえ親権者等が居るケースであっても、措置児童の監護措置について、子どもの最善の利益の実現のために必要な措置をとることができることとなりました。

 親権者がそのことを「不当に妨げる行為」を取る場合、まずは親権者の理解を得る努力が必要ですが、それでも解決が得られず、そのため子どもの安定した監護に支障を及ぼす場合には法的解決を取る必要が有り、具体的にはやはりこの度の民法改正により新たに創設された親権停止制度の活用等を図ることとしています。

 ちなみに、上記の「不当に妨げる行為」には、2-(2)-イの中で「児童と親族等の第三者との面会や交流を正当な理由なく妨げる行為」も含まれています。

 つまり、この度の民法の一部改正の趣旨等と照らし合わせると、親権者による「児童と親族等の第三者との面会や交流を正当な理由なく妨げる行為」とは、最終的には親権の喪失・停止等の措置を取らざるを得ない行為として政府により規定されたということになります。

 これは、アメリカなどで離婚時の実父母間で子の監護に関する紛争が有る場合適用されるフレンドリー・ペアレント・ルール(相手親と子との交流に配慮できる方の親こそが主たる監護権を得るべきとのルール)と同様に、不当に面会交流等を妨げる親権者に対しては、子の利益に反する行為をしているのだから、親権制限を行なうべきとするガイドラインを日本政府が示したということになり、大変重要です。
 
 また、「離婚後の親子交流は、特段の否定的理由がない限り、子どもの最善の利益であると推定される」ことが、このガイドラインで(弱いながら)示されたとも言えるかもしれません。つまり、離婚後の親子交流を否定するためには、「正当な理由」を示す必要が有り、それが示されないにもかかわらず、交流を否定する行為とは「(子どもの最善の利益に適う監護を)不当に妨げる行為」つまり「虐待」だ、となり得るかもしれません。

 今後は、児童福祉分野に示されたこうしたガイドライン(特に、上記のフレンドリー・ペアレント・ルールと合致する内容等)を関連分野(家裁、教育現場等)にも広げていくことが肝要と思われます。




1、文部科学省初等中等教育局長(平成12年16日)「民法の一部を改正する法律の施行について(通知)」


2、厚生労働省児童家庭局総務課長(平成24年3月9日)「児童相談所又は施設長等による監護措置と親権者等との関係に関するガイドラインについて」



去年の今日(記憶より記録)



Free Style市場TRY


僕のブログを応援してくれてる皆様へ

離婚後の子供への心の影響が少なくなるよう。離婚が減るように・・・。

離婚後の心境を広めるためにもクリックをお願いします。
 


 


My Yahoo!に追加




FC2blog テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2012/03/27 21:23】 | 感謝の言葉とお知らせ
トラックバック(0) |
オレンジ苺さん、元気にしてますか?

最近、連絡ないので、心配中です!

また、ご連絡くださいね

FC2blog テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2012/03/26 21:00】 | 感謝の言葉とお知らせ
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



オレンジ苺
いい忘れ…(*^_^*)
これからはまたいっぱい応援ぽちするからね
!(^^)! !(^^)! !(^^)!

コメントを閉じる▲
ザコブラさん、非公開での話しを聞いて、感じたのですが。

有名な人の言葉で「女は・・・男は女の道具」という言葉があるそうです。

親友もそうでしたが、第三者からみると・・・。

そして、ザコブラさんの状態も親友と同じように思えます!

ただ、ザコブラさんと親友の違いは別居や離婚。

全てを拒否し「道具」を選んだことです。

どちらが、正しい選択かは、僕にはわからないのですが。

ザコブラさんや親友の家族の話を聞いていると・・・。

本人には、わからないと思いますが、自己中心的で自分勝手になっているのかも知れません。

そして、相手に対して、愛情ではなく「腫れものを触るような感覚」になっているように思えます。

僕自身は離婚してしまい、家族という絆を無くしてしまった人間が偉そうなことを口にすると、また怒りのコメントがきそうなので、このへんでやめます!

ザコブラさん、貴方はまだ離婚してないのですよ!


去年の今日(記憶より記録)卒園式はいつ




Free Style市場TRY


僕のブログを応援してくれてる皆様へ

離婚後の子供への心の影響が少なくなるよう。離婚が減るように・・・。

離婚後の心境を広めるためにもクリックをお願いします。
 


 


My Yahoo!に追加




FC2blog テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2012/03/26 20:26】 | 離婚日記
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。