FC2ブログ
僕の別居から離婚への‥心境をそして今生きる希望を探して。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日、僕は勇気と決意を胸に嫁の新しい家に行ってきた。その一部始終です。
まずはなぜ嫁の家がわかったかというのは、不思議と仕事の関係でよくその道を通る日々が続いて。普段は滅多に通ることのない道なのですが。引き寄せられたのかもわかりません。
 そして今日、心臓が破裂しそうなほどドキドキしながらピンポンを押しました。

「誰?」

「俺やけど・・・。」

「何しにきたが・・・。」

「会いたい・・・。」

嫁が一人おりてきて・・・「何を弱弱しくなっちゅうが!しっかりしいや!あんた昨日倒れたがやろ!あんなに強い男がしっかりして!」次から次へと叱咤の言葉が続く。僕もこいつの言いたいことはよくわかっている。離婚するまでの僕は全てにおいて強かったから!

僕は嫁に「今の俺はお前が思うちゅうほど強くない・・・。心が折れそうで寂しい」素直に言った。

「この間はお父さんと喧嘩しよったくせに!お父さんかなり怒っちゅうきね!」僕は義理の父に対する思いを伝えた。今さら遅いわえって言われたけど・・。


僕は嫁に「いつか復縁したい。今でもあなたと子供を愛してる。」

嫁は「もう遅いが!終わったが!」の連発で「私は強くならんと生きていけれんが!私だってしんどいけど。私の性格をあんたが一番知っちゅうろ!」


「俺はおまえの性格を知ってるからこそ。おまえのみえる場所にいたい」

「うるさい!うるさい!帰って!警察呼ぶで!子供もあんたに会いたくないって言うがやき」

「子供に会わしてくれ!誤解を解きたい!僕は子供を棄てたつもりなんてない」

「お願い!お願いします!ホントに頼む!俺も希望がないと強く生きていけれん・・・。頼む」

「もうわかったき顔をみるだけやきね!見たら帰りよ」

「わかっちゅうよ」
 
嫁が家に戻り少しすると・・・。



去年の今日(記憶より記録)子供との触れ合い(約束)



Free Style市場TRY


僕のブログを応援してくれてる皆様へ

離婚後の子供への心の影響が少なくなるよう。離婚が減るように・・・。

離婚後の心境を広めるためにもクリックをお願いします。
 


 


My Yahoo!に追加





関連記事

FC2blog テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/04 01:55】 | 離婚日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。